40歳50歳60歳-残された人生、lifestyle’s diary

40を過ぎ50に入り、還暦までに何ができるのか…戯言を並べる力の入らないブログです

春の土用は心を病む

Depression

いつの日からから心が病みやすくなった、たぶん以前の社員さんからうつったのだと思う。

2017年の土用は特に心の病み度数がはんぱなく。

2年前と同じくらい辛い。

2017年に心を病んだ理由

The most terrible poverty...

今回の原因はなんなのだろうかと、しばし考えた。

2年前に経営理念を考えてつくって、人の話を聞くように自分が変われた、

そう思った、しかし経営理念をつくり終わり、昨年サポータをやってしばらくすると

人の話を聞かなくなっている。それにより人を不快にしてしまっている。

その不快感を受け取りやすい自分。

自分を責め始める。

責めても仕方がないのに…ずーっと責める。

そして自分の仕事にも疑問を持つ「これでいいのだろうか?」と

 

このタイミングで、今仕事が全く回っていない、お声がけいただくのはありがたいのだが、断ることは悪と昭和時代に教えられていた私はできるかぎりのことはしたい

 

そうすると心を失ってしまう。

キレる自分に病む

I'm angry - leave me alone

旅行先での自分、突然キレだした…自分でも制御ができないくらい、

そして帰りの飛行機の中では、頭のまわりに鉢巻をしている感覚

「あ、自律神経やられたな」

とうとうである。

 

旅行先では漢方で処方され、一時よくなったが、

いてもたってもいられずに、その日と翌日はレキソタンを飲んで気を晴らした。

 

 

病む心を静めるための策:運動

kettlebells

とにかく運動

まず、ジムまでの道のり、太陽にあたる。

そして、ジムでは無酸素と有酸素をまんべなく2時間程

 

 

  1. 5分のウォーキング(有酸素運動
  2. パワーラッシュ45分という筋トレ(無酸素運動
  3. 20分の軽めのジョグ(有酸素運動

 

こころのザワツキがなくなった。

病む心を沈めるための策:読書

paula reading a book

帰りに書店で本を4冊購入した

 

感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版

感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)

 

同じタイトルだけど、切り口と流れがことなるため、両方購入。

心病んでいる時に読書はとてもいい(重い時はダメだけど)

 

土用は5月8日に終わる

Praying

土用はまもなく終わる、5月8日に終わる。

土用が原因なのかはわからないが、春の土用は寒さから暖かさに変化する時期

この時期は自律神経が弱くなる。

つまる、心の風邪をひいているのである

 

原因はわからないが、本当の休息が必要な私

Erieau, Blenheim (Explored)

原因はわからないが、いや他人に言わせると明確だけど、

本当の休息が必要な私。

コンサル業の新規案件を募集停止した、

それどころか、次回からは業務を明確にして今のようなコンサル業は断りたい。

 

私は何でも屋ではありませんよ、と

 

あと、価値があり学びになるけど、某経営者団体さんへの参加は控えよう、

好きとか嫌いとかではなく、今時間がとれない。

これに時間をとってしまうと、私はこわれてしまう。

 

今の心の状態では某経営者団体さんにかかわるタイミングではない

(いま関わっていることは引き続きすすめます)

 

praying

52歳手前の春の土用の誓い

 

今かかわっている組織の幅を狭めます、いろんな会で私が軸なものは、引き継ぐか閉鎖いたします。

私の中で一番大切なのは会社の経営を考えること、そこを優先したい。

 

このままでは私は壊れてしまいます(もう壊れている)

 

  • 会社以外の活動は控えるか停止
  • お酒は基本辞める
  • 懇親会は極力ご遠慮します

 

 

やはり、何かご相談で御用の方は弊社へお越しください。

外出する時間がとれません、当分